相手を不快にさせない婚活の断り方は?

結婚を考えている女性にとって、一つの出会いはとても貴重です。男性から好意を持たれるのは嬉しいことですが、気持ちに応えられないこともあることでしょう。そんなときに役立つ婚活の断り方についてご紹介します。

理由を明確にハッキリ断ることが大切!

男性へ断りをするのは「容姿が好みでない」「性格が好きじゃない」など相手への興味が薄いことが理由として挙げられます。でも、そのことを直接男性へ伝えるのは抵抗がありますよね。できれば傷つけないでお別れしたい、そんなときにおすすめしたい断り方は『理由を明確にする』ということです。

その理由は嘘でも構いません。例えば、「親しい人(友人や親)などに相談したら反対された」「ほかに好きな人ができた」などです。相手のことを傷つけたくないあまり「私にはもったいない」など「他にもっと合う人がいる」という理由では、相手も納得できないでしょう。親や友人のことを話し、反対されていることを伝えるのが一番スムーズ。その上でもう会えないことをきちんと伝え、交際はできないとハッキリ伝えることが大切です。

新しい出会いを逃さないようにしよう

貴重な出会いを大切にしたいと慎重になることは決して悪いことではありません。でも、相手のことを考えるあまりなかなか断れず、ダラダラと交際をしてしまうのはもったいないことです。新しい出会いのチャンスを逃さないために、断るときは早めに断ることが婚活成功の秘訣です。