美肌になれる秘訣は質の良い睡眠

「良く寝た日はメイクのノリが良い」と聞いたことありませんか?肌がキレイな人に秘訣など聞いてみると、睡眠時間の長い人が多いという共通点がありました。睡眠不足になると、肌がくすんだり、クマが出来たりと肌トラブルが絶えません。だからと言って、寝すぎてしまうと顔がむくんだり、頭痛がしたりとデメリットも。質の良い睡眠をとる事が美肌につながりますが、どうすれば質の良い睡眠がとれるのでしょうか?

寝入って最初の3時間を死守しましょう

寝入って最初の深い眠りで多く分泌される成長ホルモンは、肌の新陳代謝を助けてくれる働きがあります。だからこそ、長い時間の睡眠よりも寝入りばなの3時間ほど、ぐっすり眠る事が大事。深い眠りには入れば、成長ホルモンが肌を勝手に修復してくれる訳です。しかも、疲労回復も期待できます。その質の良い睡眠を手に入れるために、寝る前はカフェインやアルコールを取らず、ストレッチなど軽い運動をすると、眠りに入りやすくなりますよ!

就寝前のスマートホンはNG!

ブルーライトは不眠につながると考えられていますので、良質な睡眠をとるためには、就寝前に布団の中でのスマートホンの操作は我慢しましょう。