ouchidirect_y_02

PR:おうちダイレクト

※この記事は3分で読めます

1,000万も損するところだった!?
家を売る時に絶対にしてはダメな事とは

先日、築50年の家を売りました。

家を売るなんて初めてで、ここまでの過程は失敗の連続。
それでも、最終的には納得のいく高値で売却できたんです。

家を手放す可能性が少しでもある方は、
判断を失敗して大損しないように 是非この記事を読んでみて下さい。

失敗① 絶好の「売り時」を逃す

不動産の売却はタイミング失敗が命取り。

  • 2022年 生産緑地問題
  • 2025年 超高齢化問題
  • 空き店舗・空き家の増加

これらの理由から、この先数年のうちに
不動産の需要や価値は下がり続けると予測されています。

※3つの要因について後半でも詳しく解説します

そうなんです。実は 絶好の売り時は「今」

オリンピックの影響等で不動産価値が一時的に上昇しており、
買った時より高値で家が売れてプラスになったという方も少なくないんです。

このタイミングを逃すと、この先の価値の下落で
最悪の場合売りたくても売れない状況になるので注意が必要です。

失敗② 複数社で査定額を比較しない

不動産売却は査定を1社で完結させてはいけません

複数社で査定したら満足いく査定額になったというのはよくある話。

つまり、比較しないと数百~数千万円も損をする可能性もあるんです。

無料ですぐに一括査定する方法

このおうちダイレクトというは、今話題になっている無料の一括査定サービス

スマホで簡単にお家の最高値や相場を調べる事ができます。

思いがけず高値が付く事もあるので、
お急ぎでない方も早いうちにチェックしておくのがオススメです!

\ 1分で簡単入力 /

0円で今すぐ査定

お家の相場・最高値をチェック!

おうちダイレクトの特徴

  • 完全無料!たった1分の簡単入力
  • 複数企業でまとめて比較できる
  • 最新AI査定で相場がすぐ分かる

\ 1分で簡単入力 /

0円で今すぐ査定

お家の相場・最高値をチェック!

早速、その場で試してみると…

⬇ ⬇ ⬇

最後まで費用はかからず、
正真正銘0円で査定出来たので 不動産売却を考えている方は一度調べてみてください!

\ 1分で簡単入力 /

0円で今すぐ査定

お家の相場・最高値をチェック!

おうちダイレクトで家を売却した方の口コミ

おうちダイレクトの無料査定の口コミは、満足度の高いものがほとんど!

  • 期待以上の査定額になった
  • あっという間に売却できた
  • ヤフーとソニーグループの共同運営なので安心できた

無料サービスとは言え、個人的に業者に依頼するより時間も手間もかけずに査定最高額が分かるのが魅力のようです。

築42年の田舎の実家を売ろうとしたんですが、1,290万円という近所の不動産の査定額に納得出きず…。恐らく一生に一度の不動産売却なので、1円でも高く売りたいと高評価口コミのおうちダイレクトを使ってみたら予想以上の高額査定に!!
ネットで簡単にAI査定してもらえる便利な時代に産まれて良かったです。 

 

急な転勤で、高額かつ早めにマンションを売却できる方法を探していました。
思い入れのある我が家でしたが、急ぎだからか足元を見てくるような不動産会社が多く、高くて3千万円台。試しにランキングで上位にあったおうちダイレクトを利用したところ、すぐに査定してもらえただけでなく他社より遥かに高額の査定結果が!2週間ほどで予想以上の金額で売却できました。

 

子どもが大きくになるにつれ家が手狭になり、偶然見かけたおうちダイレクトを利用しました。
家の売却なんて初めてでしたが、まさかの購入金額以上の査定額に!後から一応近所の不動産でも調べたら2,695万円でした。笑
最初は不安だった手続きも丁寧に説明してもらえたので安心してお任せできたし、不動産価値も高い時だったようでラッキーでした。

>>口コミをもっと見る

\ 1分で簡単入力 /

0円で今すぐ査定

お家の相場・最高値をチェック!


おまけ 不動産需要 3つの下落要因

私は幸運にも期待以上の査定額になりましたが、
今後数年間で日本の不動産は3つの要因で価値が大暴落すると言われています。

要因① 2022年 生産緑地問題

生産緑地は、市街地にある農地は2022年まで農地以外には使えないという内容で1992年に定められた土地制度。

出典:https://www.token.co.jp/estate/greenspace/

つまり、全国に点在する農地専用の生産緑地が
2022年から「住宅や商業施設にも使える土地」として大量に流れ込むので、不動産の市場地価の下落が起きると予想されているんです。

要因② 2025年 超高齢化問題

2025年には、団塊世代が一気に後期高齢者になり主にマンション需要は本格的な減退期に。

住居を必要とする人口は自体が年々減少しており、9割のマンション価値が下落すると言われています。

出典:https://owners-style.net/article/detail/11720/

マンションでなくとも、人口が少ない地域の物件等は売りたくても全く売れなくなる可能性が高いんです。

要因③ 空き店舗・空き家の増加

最も深刻なのが、空き店舗や空き家の増加

リモートワークが定着した事で都心でも人口が減少し地価が下がったり、地方の地価も下落傾向に。
終わりが見えない自粛生活で、今後も不動産価値は下落していく可能性があるのです。


無料で、スマホ1つで簡単に一括査定ができるので

今のお家の価値を把握しておいて損はないですよ!

 

\ 1分で簡単入力 /

0円で今すぐ査定

お家の査定最高値をチェック!

運営者情報

企業情報

プライバシーポリシー

利用規約